アスペルガー症候群の障害について

アスペルガー症候群の障害について

アスペルガー症候群には様々な症状があり、その1つがコミュニケーション障害になります。コミュニケーション能力については、表面上は特に問題はないのですが、実際に相手と会話する際に支障が出ることがあります。相手との会話について、その裏側やアクションなどを掴むことができません。そのため、相手から明確な言葉をもらえないと、言葉自体を自分が解釈したままの意味で受け入れてしまうことがあります。その結果、相手の言葉を勘違いしてしまい、最終的に傷ついてしまうということも多くあります。

コミュニケーションについて、具体的な特徴をまとめると以下の通りです。まずは、曖昧なコミュニケーションが苦手だということです。次に、不適切な表現を使用してしまうことが多いことも挙げられます。遠回しな表現が苦手であることから、喋り方がきつくなったり、ストレートに発言しすぎてしまうことが多いです。

そして、相手から自分の名前を呼ばれないと、自分とは気づかないこともあります。それが例え2人しかいないときも同じであり、自分の名前を呼ばれないと、相手が誰に話しかけているのか分からない人もいます。また、何かを想像することが苦手でもあります。このように、アスペルガー症候群の人は想像力が弱い特徴がありますので、実際に指示されたこと以外のことは特に考えない人もいます。

お知らせ